~遺言書の専門家~

遺言専門行政書士
行政書士 園久典

京都市西京区にて遺言書作成を専門に扱っている行政書士の園久典(そのひさのり)と申します。

 

京都市、向日市、長岡京市などを中心に、遺言書に関する相談をお受けしたり、遺言書作成のお手伝いをさせていただいたりしております。

 

「遺言書は資産のある人が作るもの」という誤解をされている方が多いですが、遺言書は「家族の負担を減らすために作るもの」です。

 

相続財産が自宅だけでも、遺言書を作る意味はあります。

 

その中でも特に、 

  • 子どもがいない
  • 前の配偶者(結婚相手)との間にも子がいる
  • ひとり暮らしをしている

という方の相続は、残される人々にとって大変な負担となりますので、必ず遺言書を残されることをおすすめいたします。

  

当事務所では、

遺言書作成を専門に取り扱って」おりますので、

  1. 遺言書に関する知識・経験が豊富です。
  2. お客様の希望が叶う遺言書をお作りします。
  3. ご高齢の方でもわかるように説明いたします。

 

ご依頼者のお気持ちを第一に考えた対応を心がけております。まずはお気軽にお問合せいただければと思います。ご自宅やご指定の場所まで出張可能です。

事務所案内

京都市西京区内で遺言相談

当事務所は、「遺言書作成」を専門に扱っております。

料金案内

遺言相続セミナー風景(右京区)

ご依頼いただく前に、費用の総額を提示いたします。

お問合せ

遺言書書き方講座(西京区)

必要なことはこちらからおたずねいたします。


専門家を選ぶポイント

自分のかかえる本当の問題点をきちんと知り、必要な戸籍などの書類を集め、適切な遺言書を作るためには「専門家」の力が必要になってきます。

 

しかし「専門家」と一口に言っても、どのような専門家に相談すればいいのか皆さん悩まれます。

 

【専門家を選ぶときに守って頂きたい2つのポイント】

(1)肩書にこだわりすぎない

弁護士、司法書士、税理士、行政書士、社労士、不動産鑑定士など、「◯◯士」という職業はたくさんありますが、専門家の肩書にあまりこだわる必要はありません。

 

一番大切なことは、「信頼できる」「印象が良い」「話しやすい」「気が合う」と感じられる専門家に依頼することです。

 

万が一、その専門家に「うちでは〇〇の業務は取り扱っていない」と断られたとしても、他の専門家の紹介を頼んでみましょう。専門家同士は通常、横のつながりがあるので、だいたいの場合、他の専門家を紹介してもらえます。全く知らない専門家に飛び込みで相談するよりも、信頼できると感じた専門家が紹介してくれる他の専門家のほうが、変な人物に出会ってしまう可能性は低いです。

  

 

(2)信頼できない専門家には依頼しない

当たり前のように思われるかもしれませんが、「頼りない」「態度が横柄」「アドバイスをくれない」「言ったことしかしてくれない」「気軽に相談できない」と感じる専門家に遺言書作成を依頼してはいけません。相談だけで止めるべきです。

 

このようなことをわざわざ言うのには理由があります。

 

高齢の方に多いのですが、「忙しいのに時間をかけて相談を聞いてもらったのだから、この人に依頼しないと悪い」と変な気を使ったり、「またイチから専門家を探すのが億劫」と面倒臭がったりして、本心ではその専門家に満足していないのに、そのまま依頼をしてしまう(着手金を支払ってしまう)というケースが実際にあります。

 

このような気持ちのまま依頼してしまうことは、相続トラブルの原因になります。絶対に避けてください。

 

「以前、本当は納得していないのに、ある専門家に仕事を依頼したところ、後でトラブルになってしまった」というお話も度々お聞きします。

 

「値段の安さ」「事務所の大きさ」「宣伝のイメージ」「肩書」などで誰に依頼するかを決めるのではなく、実際に担当してくれる専門家がどのような人物(人柄)なのかがとても大切です。

遺言を書く時のポイント

遺言書を書くときには気をつけないといけない点がいくつかあります。

 

もちろん、遺言書を書く本人の事情(想い、親族関係、財産内容など)によって、遺言に書く内容は変わってきます。

 

遺言書を書く場合は次のポイントを意識して書いてください。

  1. 遺言書は「書くこと」よりも「書いた内容が将来実現すること」が大切
  2. 残される家族の負担が軽くなるように工夫して書く
  3. 自分の状況にあった遺言書を作る(見本の丸写しはダメ)
  4. 将来修正しなくても済むように工夫する(例:相続させる相手が先に死亡した場合)

 

 

上記のポイントのほか、遺言書には必ず守らなければいけないルールが民法という法律で決まっており、そのルールにひとつでも違反していれば、ほかの部分がどれだけ正確に書かれていても、遺言書の全体が「無効」になってしまいます。

 

遺言書を作成するうえで、不備や間違いがあると取り返しのつかない事態(預金が引き出せない、自宅の名義が変更できない、裁判になってしまった等)になってしまいます。そして、実際に苦しむのは、遺言書を残した本人ではなく「残される家族」です。

 

あとに残される大切な人がトラブルに巻き込まれないよう、相続で大変な目にあわないよう、不備のない・想いが充分に伝わる・あなたに合った遺言書を作ることが大切です。

<以下のようなご依頼も承っております>

  • 遺言書を書いてみたが、内容に問題がないかチェックしてほしい
  • 公正証書遺言を既に作ったが、念のために内容をチェックしてほしい
  • 遠方に住んでいる両親の遺言書作成を任せたい

といったご依頼も承っております。気軽にお問合せ下さい。

<業務地域>

【おもな地域】京都市、長岡京市、向日市、亀岡市、大津市

【そのほか】京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、福井県、兵庫県、和歌山県

※全国対応可能(広島県や福岡県在住の方の公正証書遺言作成実績もございます)。