~遺言書の作成~

【公正証書遺言作成】

  • 大切な書類である遺言書を、公正証書というきちんとした書面で作成するお手伝いをいたします。
  • 文章内容の提案から公証人役場との打合せまで、全てお任せください。
  • 公正証書で作成することは、トラブルの予防になりますし、万が一の場合も遺言書が法的に無効になることはまずありません。
  • 将来の相続手続きを考えても、公正証書にしておくことは、ご家族にかかる負担を減らします。

 

【手書き遺言の文章案作成】

  • 「遺言書を書きたいけれど、何をどのように書けばいいのかわからない」という方はたくさんいらっしゃいます。
  • 遺言書作成の専門家である行政書士が、希望を叶える遺言書をご提案いたします。

 

【遺言書の内容チェック】

  • すでに作成済みの遺言書の内容が適切かどうか確認します。
  • 手書きの遺言、公正証書遺言、どちらでも承ります。
  • 書き直しが必要か、そのままで大丈夫かなどを診断します。

※公正証書の遺言でも、問題が見つかるケースがあります。

 

【立会証人の手配】

  • 公正証書遺言の作成には、立会い証人が2名必要となります。
  • 原則として親族の方は立会証人になることができません。
  • 当事務所では、守秘義務のある行政書士を2名立会証人として手配いたします。

 

【公証人役場との打合せ代行】

  • ご本人に代わって、公証人役場と打合せを行います。
  • 希望する遺言の内容、必要となる書類、日程調整、費用の確認など、すべて当事務所にて段取りいたします。

 

【戸籍など必要書類の取寄せ】

  • 遺言書を作成する上で必要となる書類をご本人に代わってお取寄せいたします。
  • 公正証書遺言を作成する場合、本人の印鑑証明書・戸籍謄本、相続人の戸籍謄本、受遺者の住民票、固定資産税評価証明書、登記事項証明書、遺言執行者の住民票、預貯金額の内容が分かるメモなどの書類を用意する必要があります。
  • 行政書士は、職権で(委任状なしで)戸籍や住民票を取得することができます。

 

【遺言書の保管】

  • 遺言書は「原本」「正本」「謄本」の3部作成されます。原本は公証役場にて保管され、正本と謄本がご本人に手渡されます。
  • 作成した遺言書(正本または謄本)の保管サービスも承っております。当事務所の耐火金庫にて遺言書を厳重に保管いたします。保管をご依頼して頂いた方には、定期的な連絡も行います。