京都市証明書発行コーナーとマイナンバー

京都市が本年度中にコンビニエンスストアで各種証明書を交付するサービスを始めるようです。 

 

それにともない市内に10か所ある証明書発行コーナーは2023年をめどに順次統合されていくとのことです。 

 

いくつかの証明書発行コーナーでは、平日5時以降や土曜・日曜でも証明書を発行してもらえるので、私も仕事柄よく利用しています。 

 

「証明書発行コーナーの数が減ってもコンビニで証明書を取れるのなら問題ない」と思われるかもしれませんが、コンビニで証明書を取得するには「マイナンバーカード」を持っている必要があります。

 

今年の2月時点で京都市のマイナンバーカード普及率は11.2%となっています。 

 

現在のところ市民の大部分がマイナンバーカードを持っていない状況です。

 

「マイナンバーカードを持っているほうが得だ」と感じてもらう事で、マイナンバーカードを普及させようという市の方針です。 

 

しかし、マイナンバーカードがうまく普及するかも不透明ですし、もし普及しない状況で証明書発行コーナーの数が減らされてしまうと大変困ります。 

 

統合される発行コーナーの場所や時期は今後のマイナンバーカードの普及状況をみて判断するとの事ですが、多くの市民が「生活が以前より不便になった」と感じてしまうような結果だけは避けたい所です。 

 

もし、戸籍・住民票などの証明書やマイナンバーカードの事でお困りの方がいらっしゃいましたら、弊所まで気軽にご相談下さい。

(2018年7月26日)