死後すぐに遺産分けしないでほしい

遺言書に記載することで、自分の遺産をすぐに相続人が分割できないように指定することもできます。

 

法律では、上限5年で遺産分割の禁止が認められています。

 

あまりこのような内容の遺言書作成を希望される方はいらっしゃいませんが、例えば下記のような場合に有効です。

  • 相続人に未成年が含まれる場合は、出来るだけ相続人全員が成人になるまで待ってほしいという希望を持っている場合
  • 胎児にも相続する権利があるので、胎児が生まれる前に遺産分割をしてしまうと、出産後に再度遺産分割をやり直す必要があります。そのため「相続人の中に胎児が含まれる場合は、胎児が無事に生まれてから遺産分割協議を行う事」のような記載をする必要がある場合
  • 先祖代々の家や土地をすぐに処分してほしくない場合  など