シングルマザー(ファザー)の方

シングルマザーやシングルファザーの方は、子どもにとって唯一の親権者です。万が一のことに備えておく必要があります。

 

遺言書で「未成年後見人」を指定しておくことができます。

 

未成年後見人とは、簡単に言うと、親代わりになる人(子の法定代理人)のことです。

 

万が一の場合に備えて、子の未成年後見人に自分の両親(子からみたら祖父母)を指定する遺言書を公正証書で作成される方もいらっしゃいます。

 

残される子どものために、備えておきたいとお考えの方は、一度当事務所にご相談下さい。

 

※離婚した元配偶者に親権が移ってしまうことを避けるために、上記のような未成年後見人を指定する遺言書を作成される方もいらっしゃいますが、この方法で親権移動を防ぐことはできません(お子様の親権者不在を防ぐことはできます)。この問題は別途アドバイスさせて頂きますので、ご相談下さい。

 

 

→お問合せはこちら