あとに残されるペットが心配という方

自分がいなくなった後もペットが幸せに暮らせるようにしておきたい。

 

そのような想いを遺言書で託すこともできます。

 

遺言書にて、ペットの世話をみてもらうことを条件として、遺産の一部を譲ることもできますし、本当にきちんと世話をしてくれているのかを確認できるようにしておくことも可能です。

 

法的には、上記のような対策となりますが、何より大切なのは、「自分の死後、最愛のペットを任せる相手が本当に信頼できる人物なのかどうか」という点だと考えます。

 

弊所にご相談いただければ、法的なお手伝いはもちろん、法律以外のこと(ペットの世話人探し、ペットの世話を任せる相手への遺言書に関する説明など)も支援させて頂きます。