前の配偶者との間に子がいる

離婚する夫婦が増えています。夫婦の3組に1組は離婚するという統計もあるぐらいですので、再婚同士のご結婚も非常に多いです。

 

相続の場面では、前妻との子、前夫との子が登場すると高い確率でトラブルになります。

 

  • 「今の家族にできるだけ財産を残したい」
  • 「前妻との子にも最低限の財産は残してあげたい」
  • 「自宅は現在同居している子に引き継がせたい」

 

相続のご相談は一件一件内容が異なりますので、まずはお話をじっくりお聞きいたします。そして相談者様のケースにふさわしい解決策をご提案させていただきます。

 

遺言書があれば、前妻(前夫)との子から署名実印をもらうことなく遺産の名義を変更できるなどの大きな効果を生むので、まずは「遺言書作成」のお手伝いをさせて頂き、その後ご希望があれば「生前贈与」「生命保険契約の活用」「養子縁組の検討」など、様々な角度からご提案・サポートいたします。