内縁の妻(夫)・パートナーがいる

相続法では、法律上の婚姻関係がある配偶者にしか遺産を相続する権利はないとされています。

 

言い方をかえれば、いくら夫婦のような関係、親子のような関係でも、戸籍がそうなっていなければ相続できないということです。

 

夫婦だが籍を入れていない「内縁の妻(夫)」がいるという方、または同性婚をしている(同性のパートナーがいる)という方などは、遺言書を作成しておかなければ、自分の財産を大切な人にゆずることができません。

 

遺言書のほか、養子縁組や生命保険契約の活用という方法も考えられます。

もしそのような不安をお抱えであれば、一度当事務所にご相談下さい。