子どもがいない、未婚、独身

遺言書がないと、財産をもらう側の人間同士が遺産の分け方を話しあわなくてはいけないので、どうしてもモメてしまう可能性があります。

 

ですので、財産を残す側が遺言書で色々と決めておくことが大切であり、基本的にどのような方でも、遺言書はできる限り作成しておくべきです。

 

その中でも、特に遺言書を作成しておくほうがよいと言えるのが、「子どものいない方」や「未婚の方」です。

 

配偶者や子どもがいれば、遺産を相続するのは、配偶者と子どもだけであり、故人の両親や兄弟姉妹・甥姪が口を挟んでくる余地はないのですが、子どもがいない場合には、故人の両親や兄弟姉妹、甥姪が相続人になってきます。

 

配偶者と子どもの場合に比べて、配偶者と故人の両親、配偶者と故人の兄弟姉妹・甥姪が相続人になる場合は、揉めてしまう可能性がグンと高まります。

 

配偶者と故人の親族との折り合いが悪かったり、日ごろの付き合いがほとんどなかったりと原因はいくつも考えられるのですが、一度揉めてしまうと裁判になることがほとんどです。

 

このような状況で大きな効果を発揮するのが「遺言書」です。

 

「遺言書があって助かった」

「遺言書がなかったら大変なことになっていた」

「遺言書さえあればこんなに苦しまなくてよかったのに」

 

とおっしゃる方に実際に会ってきました。

 

また、兄弟姉妹や甥姪には遺留分がないという点も大きなポイントです。

※遺留分とは、相続人が遺産の中から必ずもらえる一定の割合のことです。

 

遺留分がないので、「〇〇に全財産を相続させる」という内容の遺言書を作成しておけば、100%希望が叶えられ、兄弟姉妹や甥姪に取り分を請求されるという心配もありません。

 

子どものいない方、未婚の方は、遺言書を公正証書できちんと作られることをおすすめいたします。お悩みの方は一度当事務所までご相談下さい。