家族の仲が悪い(良好でない)

家族の仲が良いに越したことはありませんが、仲が悪い(親子関係、兄弟関係、嫁姑関係など)と自覚できているということは、しっかりと相続に備えることができるということでもあります。

 

「相続が発生したら、ほぼ確実に揉めるだろう」

 

と、揉めることを前提に準備しておけば、法的にも精神的にも落ち着いて相続を迎えることができます。

 

きちんとした遺言書を作成しておけば、揉めてしまっても最悪の事態は避けることができます。

 

また、揉めなかったとしても、適切な遺言書を作っておけば、残されたご家族が行う相続手続きの負担は確実に軽くなりますので、まったくの無駄になることはありません。

 

遺言作成をお考えの方は、遺言書を専門に取り扱っている当事務所に一度ご相談下さい。