恋人や同性のパートナーに財産を残したい

法律では、故人の遺産を譲り受ける権利(相続権)は一定の親族にしか認められていないので、「内縁関係の配偶者」「同性婚の配偶者・パートナー」「恋人」「恩人」「子の配偶者」などには、きちんと遺言書を残さなければ財産を譲ることができません。


遺言書には様々なメリットがありますが、自分の財産を自分の希望通りに残せるという効果はそのメリットの一つです。


遺言書を作成する選択肢以外にも「養子縁組」や「生前贈与」などの方法も考えられますが、慎重に検討する必要がありますので、一度ご相談いただければ一緒に考えさせて頂きます。



→お問合せはこちら