相続手続に協力してくれなさそうな相続人がいる

遺言書が残されていない場合、相続人が全員で協力して、名義変更などの相続手続きを進めなければいけません。


一人でも協力してくれない相続人がいれば、それで手続きはストップしてしまい、進めることが不可能になります。


相続手続きとは具体的に、遺産分けの話し合い、遺産分割協議書の作成と署名押印、印鑑証明の添付、預貯金口座の解約、不動産の名義変更、株式の名義変更などのことです。


一人でも遺産分割協議書にハンコを押してくれない相続人がいれば、故人の預金を引き出せませんし、自宅の名義を変えることも出来ません。


そういった事態で残された家族が苦しまないためにも、公正証書で遺言を作成しておく必要があります。


きちんとした内容の遺言書を作成しておけば、相続人全員での話し合いや相続人全員から署名実印をもらうといった作業を行わなくても相続手続きを進めることができます。


遺言書のことを検討中の方は、一度当事務所までご相談下さい。



→お問合せはこちら