音信不通・行方不明の相続人がいる

連絡が取れない相続人がいる場合、相続手続きは格段にむずかしくなります。

 

遺産分割協議書にハンコが押してもらえないので、自宅の名義変更もできませんし、預金の引き出しもできません。

 

このような場合に、もし遺言書が残されていたら、状況は全くちがってきます。

 

なぜなら、遺言書があれば相続人全員にハンコや署名をもらう必要がなくなるからです。

 

自分が死んだ後の手続きや、親御さんが亡くなった後の手続きで大変な目にあわないようにしておきたい方は、一度ご相談下さい。

 

ただし、単に遺言書は作ればいいというものでもありません。

 

遺言した方が亡くなった後の手続きのことまで考えて作成する必要があります。将来の手続きでつまづかないような専門的なアドバイスをわかりやすく説明させていただきます。