身寄りがない

配偶者も子どももいない場合は両親が相続人になり、両親もいない場合は兄弟姉妹や甥姪が相続人になり、甥姪もいない場合は「相続人がいない」ということになります。

 

相続人がいない場合、色々な手続き(本当に相続人がいないか、債権者はいないか、遺産をもらうに値するような貢献者はいないか等を確認する手続き)を経たうえで、最終的には遺産は「国のもの」になります。

 

「世話をしてくれた従妹に遺産をゆずりたい」

「お寺に遺産を寄付したい」

「友人(または恩人)に遺産をあげたい」

などとお考えであれば、遺言書でそのように指定しておく必要があります。

 

いくら生前に公言したり、口約束していても、希望が叶う可能性は低いです。

 

お世話になった方、財産をあげたい方に感謝の気持ちをきちんと形にしておきたいとお考えの方は、遺言を専門に取り扱っている当事務所に一度ご相談下さい。