遺留分の対策をしておきたい

「遺留分」とは、相続財産のうち相続人が必ずもらうことのできる財産の割合のことです。

 

例えば、相続人は妻、長男、二男の3人だが、次男には遺産を譲りたくないという場合、「妻と長男に全ての遺産を譲る」という内容の遺言書を作成することは可能ですし、法律上も合法です。

 

ただし、二男には“遺留分”があるので、法律上もらえたはずの相続分の半分を他の相続人から取り返すことができます。このように遺留分を取り返すことを「遺留分減殺請求」といいます。

 

上記のケースだと、二男の相続分は4分の1なので、遺留分は遺産の8分の1ということになります。遺言書を作成したことによって、二男の権利を4分の1から8分の1に減少させることができるのです。

 

このように、遺言書を作成するということも遺留分対策になりますが、そのほかにも様々な対策が考えられます(遺留分の放棄、生命保険契約の活用、養子縁組など)。

 

ケースによっては、「特別受益」や「相続人の廃除」などにより、遺留分がゼロになることもありますので、遺留分のことが気になっているという方は、必ず一度専門家にご相談下さい。