できるだけ書き直しせずに済む遺言を作りたい

まず大前提として、手書きの遺言書も、公正証書の遺言書も「いつでも」「何回でも」書き直すことが可能です。


ですので、一度書いてしまったら「書き直せない」「財産を処分できなくなる」ということはありません。


ただし、別の理由で書き直しができなくなるおそれはあります。


それは、判断能力の低下認知症など)です。


公正証書遺言を作ってから何年後かに「家族関係や財産状況が大きく変わってしまったので遺言書を書き直したい」と思ったとき、まだ判断能力がしっかりとあるかどうかは誰にもわかりません。


かといって、あまり考えがまとまっていないような早い段階で遺言書を作る気にもなれないという方は、当事務所にご相談下さい。


ある程度の将来の方向性さえわかれば、将来もし考えや財産状況が変わっても、できる限り書き直しせずに済むような内容の遺言書が作成できるようアドバイスいたします。


「まだ早いだろう」「もうちょっと年をとったら考えよう」と遺言作成を先延ばしにし、結局遺言書を作成しないままお亡くなりになるパターンが、一番残されるご家族を苦しめることになります。


「何をどう相談していいのかわからない」という状況でもまったく構いませんので、一度当事務所にご相談下さい。じっくりとお話を伺わせていただきます。



→お問合せはこちら