配偶者へ確実に財産をゆずりたい

「配偶者以外の相続人もすんなりハンコを押してくれるだろう」

「兄弟姉妹や甥姪らが遺産の取り分を請求してくることはないだろう」

 

このように甘く考えて、大変な事態に発展するケースはめずらしくありません。

 

  • 残された配偶者と故人の兄弟で協議がうまくととのわない
  • 「遺産はいらない」と言っていたはずの兄弟姉妹が取り分を請求してくる
  • 相続が発生した途端に態度をかえる親族が出てくる

 

といった事例は数多く発生しています。

 

「残される妻の生活を守りたい」

「妻の不安を取りのぞいておきたい」

「相続手続きで妻にかかる負担を軽くしておきたい」

 

とお考えの方は、面倒ですが、きちんと生前に遺言書を作っておく必要があります。

 

しっかりとした遺言を残したい方は、遺言書を専門に取り扱っている当事務所にご相談下さい。